理学療法 運動療法まとめ

半月板損傷術後のリハビリに悩んでいませんか

f:id:shinya-bob:20170828235438j:plain

 

 

半月板とは

半月板は内側と外側に2つ存在します。内側は半円に近いC型、外側は円形に近いO型をしています。半月板は前角と後角で脛骨に強固に固定されています。半月板は前節、中節、後節に分類される。

半月板はクッションの役割があるので、半月板を損傷すると10年以内に30-50%が変形性膝関節症になると言われています。

 

 

半月板の機能

荷重分散

衝撃吸収

関節潤滑

関節軟骨の栄養補給

関節の安定化

 

どのぐらい半月板は荷重分散してくれているの

伸展位
膝関節に生じた応力の50%を半月板が分散

 

屈曲位
膝関節に生じた応力の85%を半月板が分散

 

外側半月板
膝外側コンパートメントに生じた70%を外側半月板が分散

 

内側半月板
 膝内側コンパートメントに生じた50%を内側半月板が分散

 

 半月板はどの動きで負荷がかかる?

❶内側半月板は内旋で負荷大

❷外側半月板は外旋で負荷大

伸展角度、屈曲角度が増すにつれ負荷大

  

半月板損傷の手術

大きく分けて2つに分類されます。

縫合術切除術

アスリートの切除術において内側に比べ外側の切除術を行った方が術後成績が良くないと言われています。

無血管野での損傷は切除術の適応となります。

 

 

半月板損傷の評価

McMurray Test

圧痛

 

半月板損傷部位別リハビリのポイント

❶内側半月板損傷
knee out(膝が外側)しないように注意する

❷外側半月板損傷
knee in(膝が内側)しないように注意する

 

半月板損傷術式別リハビリのポイント

部分切除術後

❶切除量・切除部位を考慮する。

❷半月板切除部分のリモデリングに12Wかかる。

 

縫合術後

❶縫合部位を考慮する。

❷縫合部の再断裂に注意する。

 

 

 

半月板手術後の注意するポイント

まず水腫や炎症症状に注意しながら行います。縫合術と切除術で押さえておきたいポイントを説明します。

❶縫合術

再断裂に注意する。

❷切除術

急激な関節軟骨損傷が生じるリスクを考慮する。

長期的に変形性膝関節症を生じる可能性があることを考慮する。

 

半月板損傷後のリハビリ

半月板損傷は着地時の捻りや、内外反の強いストレスが加わった時に損傷しやすいと言われています。運動中の過度な屈曲と異常な回旋を防ぐ必要がある。

また術後早期では深屈曲やしゃがみこみは避けましょう。時期に応じて少しずつ負荷を上げていきます。

 

Stage1(術後早期)

炎症改善を目的に行います。

❶パテラセッティング

selfbox.jp

❷おしりあげ

selfbox.jp

 

Stage2

深屈曲・回旋は避けて行います。

❸自転車

f:id:shinya-bob:20170828160227j:plain

❹スクワット

❺リーチバランス

f:id:shinya-bob:20170828234248j:plainf:id:shinya-bob:20170828232018j:plain

 

Stage3

徐々に負荷を高めていきます。

❻片脚スクワット

❼ランジ

selfbox.jp

❽ジャンプスクワット

f:id:shinya-bob:20170829003411j:plainf:id:shinya-bob:20170829003449j:plain

❾ジョギング

 

まとめ

今回は半月板損傷についてまとめました。

術式など詳細については、後日まとめ更新します。